Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

半数以上の企業がメールによるウイルス被害の経験あり - ウェブルート調査

ウェブルート・ソフトウェアは、企業におけるメール関連のセキュリティ被害状況について調査を実施。その結果を公表した。

同レポートは、日本、米国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリアの、パソコンを5台以上所有する企業を対象に、業務におけるメールの重要性とセキュリティ被害状況などについて調査したもの。2008年2月に、インターネットを通じて実施。国内での有効回答数は206件。

同調査によれば、国内企業が2007年中に実際に被害を受けたメール関連のトラブルで最も多かったのは「迷惑メール」で66.5%が経験。他国と比較すると割合は低いものの、42.8%の企業が2008年には迷惑メールによる被害が増加すると予測している。

次に実害が多かったのは「ウイルスまたはワーム」で51.5%。「スパイウェア(29.1%)」「従業員の業務外不正使用(24.8%)」「フィッシングまたはファーミング(12.6%)」「DoS攻撃(10.2%)」と続いた。

また、メールにおけるセキュリティで関心の高い項目は、1位が「ウイルスやスパイウェアへの感染」で82.5%、次いで「迷惑メール」70.8%だった。

さらに「データの紛失」や「適切なメールを迷惑メールとして誤検知」「従業員による機密情報の流出」など、いずれも6割を超えており、外部からの脅威だけではなく、従業員のミスについても注目が集まっている。

(Security NEXT - 2008/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増