Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

半数以上の企業がメールによるウイルス被害の経験あり - ウェブルート調査

ウェブルート・ソフトウェアは、企業におけるメール関連のセキュリティ被害状況について調査を実施。その結果を公表した。

同レポートは、日本、米国、英国、フランス、ドイツ、カナダ、オーストラリアの、パソコンを5台以上所有する企業を対象に、業務におけるメールの重要性とセキュリティ被害状況などについて調査したもの。2008年2月に、インターネットを通じて実施。国内での有効回答数は206件。

同調査によれば、国内企業が2007年中に実際に被害を受けたメール関連のトラブルで最も多かったのは「迷惑メール」で66.5%が経験。他国と比較すると割合は低いものの、42.8%の企業が2008年には迷惑メールによる被害が増加すると予測している。

次に実害が多かったのは「ウイルスまたはワーム」で51.5%。「スパイウェア(29.1%)」「従業員の業務外不正使用(24.8%)」「フィッシングまたはファーミング(12.6%)」「DoS攻撃(10.2%)」と続いた。

また、メールにおけるセキュリティで関心の高い項目は、1位が「ウイルスやスパイウェアへの感染」で82.5%、次いで「迷惑メール」70.8%だった。

さらに「データの紛失」や「適切なメールを迷惑メールとして誤検知」「従業員による機密情報の流出」など、いずれも6割を超えており、外部からの脅威だけではなく、従業員のミスについても注目が集まっている。

(Security NEXT - 2008/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇