Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでフィッシング詐欺サイトが設置される - 北教大

北海道教育大学が外部より不正アクセスを受け、フィッシング詐欺サイトが同大サーバに開設されていたことがわかった。

攻撃を受けたのは、同大札幌校内にあるウェブサーバ。4月26日に海外の決済サービス会社が同大に対し、不正サイトの閉鎖を要請するメールを送信。翌27日、同大で不正サイトの設置を確認したという。

同大では、問題判明後にウェブサーバへのアクセスを遮断したが、今回の攻撃による被害の規模はわかっていないという。同大では被害を受けたサーバ以外についても問題がないかチェックを進めている。

(Security NEXT - 2008/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
フィッシング啓発サイトの改ざん、原因はPW管理不備 - 再発防止策講じて再開へ
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社
「鍵マーク」表示される偽Amazonに注意 - Googleの短縮URLで誘導
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、フィッシング攻撃も - クラウドゲームス
フィッシング対策の啓発サイトが改ざん被害 - アクセス控えるよう注意喚起