Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでフィッシング詐欺サイトが設置される - 北教大

北海道教育大学が外部より不正アクセスを受け、フィッシング詐欺サイトが同大サーバに開設されていたことがわかった。

攻撃を受けたのは、同大札幌校内にあるウェブサーバ。4月26日に海外の決済サービス会社が同大に対し、不正サイトの閉鎖を要請するメールを送信。翌27日、同大で不正サイトの設置を確認したという。

同大では、問題判明後にウェブサーバへのアクセスを遮断したが、今回の攻撃による被害の規模はわかっていないという。同大では被害を受けたサーバ以外についても問題がないかチェックを進めている。

(Security NEXT - 2008/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定