Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでフィッシング詐欺サイトが設置される - 北教大

北海道教育大学が外部より不正アクセスを受け、フィッシング詐欺サイトが同大サーバに開設されていたことがわかった。

攻撃を受けたのは、同大札幌校内にあるウェブサーバ。4月26日に海外の決済サービス会社が同大に対し、不正サイトの閉鎖を要請するメールを送信。翌27日、同大で不正サイトの設置を確認したという。

同大では、問題判明後にウェブサーバへのアクセスを遮断したが、今回の攻撃による被害の規模はわかっていないという。同大では被害を受けたサーバ以外についても問題がないかチェックを進めている。

(Security NEXT - 2008/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明