Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

期間雇用社員約1万7800人分の個人情報入りUSBメモリを紛失 - 郵便事業

郵便事業は、関東支社習志野トレーニングセンターにおいて、従業員の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

3月26日に神奈川県秦野市内にある飲食店の駐車場で、2008年1月末当時の千葉県内における同社期間雇用社員の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したもの。USBメモリ内部には、氏名や住所のほか、所属する支店や部署、雇用番号など個人情報約1万7800人分が保存されていたと見られている。

同社では紛失事故を受けて警察へ遺失届けを提出。関連する従業員に対し事情を説明する文書を郵送する。

(Security NEXT - 2008/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県