Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

期間雇用社員約1万7800人分の個人情報入りUSBメモリを紛失 - 郵便事業

郵便事業は、関東支社習志野トレーニングセンターにおいて、従業員の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

3月26日に神奈川県秦野市内にある飲食店の駐車場で、2008年1月末当時の千葉県内における同社期間雇用社員の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したもの。USBメモリ内部には、氏名や住所のほか、所属する支店や部署、雇用番号など個人情報約1万7800人分が保存されていたと見られている。

同社では紛失事故を受けて警察へ遺失届けを提出。関連する従業員に対し事情を説明する文書を郵送する。

(Security NEXT - 2008/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院