Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝委託先からダムのシステム情報がネット流出 - 事故報告までに1カ月

東芝が開発したダム管理用コンピュータのソフトウェアに関する技術情報が、同社グループ会社の業務委託先からインターネット上へ流出したことがわかった。

流出した情報は、ダム管理用システムのソフトウェア。流入量や平均雨量、ゲート操作の計算や操作記録を行ったり、画面表示や印刷に用いられるシステムの一部で、国土交通省直轄のダムをはじめ、複数のダムで使用されている。

データは、3月2日から3日にかけて委託先のサーバからインターネット上に流出。3日に委託先が問題へ気が付き、外部からのアクセスを遮断した。東芝では3月5日に流出の事実を把握していたが、国土交通省のダム管理事務所へ事故を報告したのは4月15日で、事故から1カ月以上経過していた。

ダムの管理システムはインターネットへ接続されておらず、流出したプログラムだけではダム管理システムの起動が行えないなど、東芝は今回の流出によるダム管理への影響はないと説明しているが、国土交通省では、同省や水資源機構が管理するダムの事務所に対して注意喚起を実施した。また東芝に対して、事故や報告遅延の原因や再発防止策について5月15日までに報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2008/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル