Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇目前、IPAやJPCERTが事前対策を呼びかけ

ゴールデンウィークに向けて、情報処理推進機構やJPCERTコーディネーションセンターなどは、事前の対策を呼びかけている。

システム管理者に対しては、不測の事態が発生したときの緊急連絡体制の整備やサーバにおける不要なサービスの停止、適切なアクセス権限の設定、使用しないサーバやPCのシャットダウン、データの持ち出し管理など、長期休暇への準備徹底を呼びかけている。

また一般の従業員についても企業内のPCを利用する場合、休暇中はシステム管理者が不在になり、被害を受けた際の対応が遅れる可能性があるとして、被害防止を求めた。

一方、自宅でパソコンを利用する個人ユーザーに対しても、OSやアプリケーションのアップデートのほか、ウイルス対策ソフトへ最新の定義ファイルを適用したり、バックアップを実施するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
7月のフィッシング報告数は614件 - 前月比120件増
長期休暇前にセキュリティ対策の再確認を - 盆休み重なるMS月例パッチにも注意を
中学生対象の「ジュニアキャンプ」 - 高知で開催
GW休暇前に対策の再確認を - サポート終了のJava SE 7に注意
5月に「セキュリティ・ミニキャンプ」が新潟で初開催
闇市場が盛況、ネットサービスの盗難アカウントは1ドル