Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護の過剰反応に対応、基本方針変更を閣議決定

政府は、「個人情報保護に関する基本方針」の一部変更と法律施行令の改正する政令について閣議決定した。

変更後の基本方針では、個人情報保護への「過剰反応」について、広報や啓発活動を取り組むことを明記。さらに国や地方、独立行政法人における個人情報の取り扱いについては、必要性が認められる場合は個人情報の公表は可能であるとし、法律や条令の適切な解釈や運用で対応するとの内容を盛り込んだ。

また、利用目的の明確化や個人保有データの自主的な利用停止、委託業務の透明化、取得もとや取得方法の具体的な明記など、プライバシーポリシーへ盛り込むことが重要と指摘。国際的な協調についても推し進める。また法律施行令の改正で、市販されている名簿の取り扱いについては、保護の対象から除外するなど配慮した。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

改正個人情報保護法、2017年5月30日に全面施行
「個人情報の保護に関する基本方針の一部変更案」でパブコメ募集
政府、IoTシステムにおけるセキュリティの一般的枠組を決定
政府、「IoTセキュリティガイドライン」を公表 - ライフサイクルから利用者ルールまで
IoT製品のセキュリティ設計、半数以上が基本方針なし
IPA、情報漏洩防止などに役立つ内部不正防止ガイドラインの活用呼びかけ - チェックシートも
政府、「サイバーセキュリティ国際連携取組方針」を決定
IPA、組織の内部不正を防止するためのガイドラインを策定
個人情報保護法の改正経済産業分野ガイドラインが施行
「放送受信者の個人情報保護に関する指針」を改正