Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス元を特定して和解、約6860アカウントに強制退会処分 - スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、同社が提供するオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」の規約違反者に対して処分を実施したと発表した。また数カ月にわたり不正アクセスを行っていた個人を特定し、和解したという。

外部プログラムの使用するなど規約違反を行ったユーザーに対して処分を実施したもの。3月後半から4月にかけての処分では、約6860アカウントを強制退会処分、約990アカウントを会員資格の一時停止処分とした。

処分対象は、不正な方法でキャラクターを移動させた約620件をはじめ、実際には不可能なタイミングでプレイしたり、特定の動作の自動化、集団でエリアを占拠したアカウントが対象になっている。

また、現金によりゲーム内の仮想通貨やアイテムを現金で売買するRMT行為に関連した1680件やRMT目的の行為を行っていた2850件に対して処分を実施。ゲーム内の仮想通貨約41億ギルを凍結した。

同社では、外部プログラムについて、ゲームバランスへの影響やRMTの助長といった影響を指摘。利用者にもウイルスの感染や個人情報漏洩といった被害が発生する可能性があると警告している。同社では、今後も外部プログラムの利用による規約違反行為に対して厳正な処分を実施していくという。

また同社では、数カ月にわたり、同社サーバへパスワードの詐取などを試みる不正アクセスを実施していた個人を米国政府機関などと協力して特定。経済的制裁を含む民事和解を行っている。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」