Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むUSBメモリや受験票を盗まれた教諭を懲戒処分 - 佐賀県

佐賀県は、個人情報を外部に持ち出して盗難に遭った鳥栖市の中学校教諭に対し、懲戒処分を行った。

問題となった事件は、鳥栖市の中学校教諭が、3月11日に同市内にある家電量販店の駐車場で車上荒らしに遭い、個人情報600件が記録されたUSBメモリや高校入試の受験票18人分などを、何者かに持ち去られたもの。盗難された物品の一部は、同月16日に福岡県田川市内で発見され、回収されている。

同県では同事故を受け、同教諭からの聞き取り調査を行ったうえで、減給2カ月の懲戒処分とした。また同校の校長に対し、職員の管理監督が不十分であったとして、教育委員会による口頭訓告を行うとしている。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
顧客リストを運搬中に紛失、一部未回収 - 大分瓦斯
児童名簿紛失を報告しなかった校長らに対し懲戒処分 - 千葉市
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会