Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

債権情報など含む1100件の顧客情報を紛失 - 近畿大阪銀行

近畿大阪銀行は、同行や子会社である近畿大阪信用保証において、約1100件の顧客情報を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、108店舗で取り扱った「貸出債権書類」717件。顧客の氏名や住所、口座番号、借入金額など記載されている。また堺支店において、顧客の氏名や貸出日、利率、残高、最終期日など、約390件の取り引き情報を記録したマイクロフィルムの紛失も明らかになった。

同行では、これら資料について誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出する可能性は低いと説明。不正利用による顧客からの問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府