Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク機器の設定管理ソフト「Configvisor」がSSHに対応

日立電子サービスは、ネットワーク機器の設定情報を管理するソフトウェア「Configvisor」の機能を強化した。

同製品は、ネットワーク機器の設定情報を収集したり運用管理行えるソフトウェア。変更の自動検知をはじめ、パスワード定期変更、設定履歴参照などが行える。従来よりネットワーク機器との接続にTelnetを利用しているが、今回機能を強化し、セキュアな通信を実現するSSHに対応した。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品