Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームに対する不正アクセスの自衛策や救済策を公表 - スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、同社が提供するオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXI」に対する不正アクセスについて、利用者が実施すべき自衛手段や被害時の救済策についてアナウンスを行った。

オンラインゲームのIDやパスワードが盗難に遭った場合、ログインができなくなったり、アイテムの盗難、キャラクターの削除など深刻な被害が発生する可能性があることから、被害の予防を目的に注意喚起を行ったもの。

IDやパスワードの不正利用に対する自衛手段として、他人に教えないことやウイルス対策、OSのアップデートなど基本的な対策はもちろん、ネットカフェでの注意点や外部プログラムを利用しないようにすることなど、ポイントを紹介している。

また同社では、規約上、会員の責任により管理されるものとしつつも、「アカウントの復旧」や「ゲームデータの復元」など、被害者に対する救済策を用意。

アカウントの復旧では、パスワードの再発行や、改ざん内容の修正、不正アクセス時に受けた処分の履歴抹消など行う。一方「ゲームデータの復元」では、バックアップデータより改ざん前の内容へ1回に限り復元するという。

同社では、不正アクセスは犯罪行為であることから、被害を受けた場合は同社に対する連絡だけでなく、警察に対しても通報するよう呼びかけている。捜査協力の依頼に対しては同社の専門チームが対応する。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「剣と魔法のログレス」利用者アカウントの不正売買、27件が被害
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
【特別企画】年々巧妙化するネットゲームのチート行為 - 専門家が考える対策とは
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
フィッシング報告、3か月連続で増加 - 違和感ない日本語メールに注意
NISCとVRMMOアニメ「SAO」がタイアップ - IPAも採用か
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面