Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けASP型セキュリティサービス4種を提供開始 - KDDI

KDDIは、法人向けセキュリティサービス「KDDI メールウイルス対策サービス」「KDDI 迷惑メール対策サービス」「KDDI Webウイルス対策サービス」「KDDI URLフィルタリングサービス」を提供開始した。

同サービスは、メールやウェブを安全に利用するための法人向けASPサービス。「メールウイルス対策サービス」「迷惑メール対策サービス」では、メールを同社の専用サーバを通過させることで、ウイルスチェックや迷惑メール判定を実施する。

「Webウイルス対策サービス」は、サイト閲覧時に同社サーバを経由させることでウイルスチェックを実施し、ウェブ経由の感染を防御。「URLフィルタリングサービス」では、セキュリティ上危険なサイトへのアクセスや業務と無関係の私的利用などを防ぐ。

初期費用は、メールウイルス対策サービスが3150円。そのほかはいずれも3万1500円。月額費用はアカウント数によって変動する。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ