Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の個人情報含む文書を庁舎内で紛失 - 大田区

大田区は、住民の個人情報や法人の情報が記載された文書15件を、郵送の準備時に紛失したと発表した。

所在が不明となっているのは、同区の高齢事業課と高齢福祉課が郵送のために準備していた封書27通。7通に個人情報、8通に法人情報が記載されていた。4月2日に庁舎内で紛失したとみられている。

4月16日に紛失が判明。庁舎内を捜索したが発見できなかったため、同区では、紛失した文書を再作成して送付、関係者への説明と謝罪を行っている。また、紛失の経緯や原因について引き続き調査を実施する。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
システムから個人情報を取得、ストーカー行為で職員を免職 - 荒尾市
空調機器工事の助成事業で業者に個人情報を漏洩 - 新関空
マイナンバー含む税額決定通知書を誤送付 - 大網白里市
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
個人情報含む書類を別人に送付、作業ミスで - 岩国市