Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky Anti-Virus SDKがCavium OCTEONプロセッサに対応

Kaspersky LabとCavium Networksは、「Kaspersky Anti-Virus Software Development Kit」が、Cavium Networks OCTEON MIPS64ベースのマルチコアプロセッサへ対応したと発表した。

従来より、Kaspersky SafeStreamにより対応していたが、今回あらたにKaspersky Anti-Virus SDKをサポートしたもので、ルータやスイッチ、アクセスゲートウェイ、ワイヤレスアクセスポイント、UTMなどCavium OCTEONプロセッサベースのネットワーク機器へセキュリティ対策機能の統合が可能となる。

(Security NEXT - 2008/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加