Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PCI DSS」に準拠したセキュリティ対策ソリューション - dit

ディアイティは、「PCI DSS」に準拠した米Protegrityのセキュリティソリューション 「Defiance Security Suite」を5月より提供開始する。

同製品は、暗号化によりデータベース内のデータ保護を実現する「Defiance DPS」やウェブアプリケーションへのアクセスを監視し、攻撃の検知や防御を行う「Defiance TMS」、セキュリティに関するアラートやレポート、イベント監査ログを提供する「Defiance ESR」で構成されているセキュリティ対策ソリューション。

現状のシステムの変更や切換えを行うことなく導入が可能で、業界団体が定めたクレジットカードのセキュリティ対策基準である「PCI DSS」の要件へ対応や、企業全体のセキュリティポリシーの一元管理に実現する。各製品を単体ソリューションとして導入することも可能。

(Security NEXT - 2008/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
NTTデータ先技、カード決済のP2PE分野でセキュリティ評価機関に