Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、AES 256ビットの暗号化機能搭載したHDDを開発 - 廃棄も簡単

富士通は、暗号化機能を搭載したATA3.0対応2.5インチ型ハードディスク「MHZ2 CJ」シリーズを開発した。5月末より出荷を開始する。

同製品は、ハードウェアによるAES 256ビットの暗号化機能を備えた2.5インチ型ハードディスク。ディスク上へ保存する際にデータを自動的に暗号化できる。ハードウェアによる暗号化のため、鍵情報をメモリに保存せず、よりセキュアに暗号化することが可能で、暗号化によるCPUへの負担もないという。

容量は80Gバイトから320Gバイトまで5製品をラインナップ。回転速度は7200回/分で、暗号化機能を備えたハードディスクとしては業界最高速を実現した。

さらに記録されたデータを1秒以内に無効化する「データ瞬間無効化機能」を搭載しており、廃却時の消去作業などの負担を軽減できる。

(Security NEXT - 2008/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業