Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大でパソコン25台が盗まれる - 1台に学生の個人情報

慶応義塾大学は、およそ5カ月前となる2007年11月27日未明に、学生の個人情報が保存されたパソコンを盗まれていたことを明らかにした。

矢上キャンパス理工学部の研究室が事務所荒らしの被害に遭い、何者かにパソコン25台が持ち去られたもの。盗まれた1台に学生の氏名や学籍番号など2550人分が保存されており、一部には数学2科目の成績や出身校名が含まれていた。

紛失当時警察へ被害を届けたものの、個人情報の漏洩はないとしていたが、翌2008年1月にパソコン1台に学生の個人情報が記録されている可能性があることが判明、4月に入り漏洩が明らかとなったため事件を公表した。

同大では、関連する学生へ連絡を取り謝罪している。外部流出による被害の報告はなく、成績への影響もないという。

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大