Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LocalSystemに特権を昇格できる脆弱性でマイクロソフトがアドバイザリ

マイクロソフトは、認証されたユーザーがLocalSystemに特権を昇格できる脆弱性についてアドバイザリを公表した。

NetworkServiceやLocalServiceのアカウントのコンテキストで、細工されたコードを実行した場合、同様のサービスで実行している別のリソースに対するアクセス権を取得する可能性あり、そのプロセスの中に、NetworkServiceやLocalServiceのプロセスを、システム内のほとんどすべてのリソースへアクセスできるLocalSystemへ特権を昇格できる機能がある。

Windows VistaやWindows XP Professional SP2、Windows Server 2008、同2003などが影響を受けるおそれがあり、IISやSQL Serverなど認証されたコンテキストでユーザーが指定するコードを実行できる場合には注意が必要となる。

同社によると、脆弱性を悪用する攻撃は確認していないという。同社ではウェブサイトで回避策を公開しており、調査終了後にセキュリティ更新プログラムの提供なども含め対策を講じる予定。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (951306)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/951306.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Cisco製スイッチ設定ツールに攻撃受けるおそれ - 国レベルの攻撃で悪用、複数国で被害
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
MS、CPU脆弱性緩和策で定例外パッチ - セキュリティ対策ソフトとの互換性問題も
トレンドマイクロのメールセキュリティ製品に複数の脆弱性
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
「Cisco WebEx」のブラウザ拡張機能に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ