Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SQLインジェクションの脆弱性検出ツールを無償公開 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサーバのアクセスログからSQLインジェクション攻撃を検出するツール「iLogScanner」を公開した。

同ツールは、ウェブサーバのアクセスログを解析し、「SQLインジェクション攻撃」によく用いられる文字列を検出する簡易ツール。ブラウザ上から利用するJavaアプレット形式のプログラムで、「IIS5.0」「同6.0」のW3C拡張ログファイルタイプと、「Apache 1.3」「同2.0」「同2.2」commonタイプのログを解析できる。

ログを解析することで、攻撃を受けた形跡や攻撃が成功した可能性などを検出することが可能。同機構では、同ツールにより問題を検知した場合は、ウェブサイトの開発者や専門家へ相談するよう勧めており、あくまで簡易ツールであるため、問題が検出されない場合も、ウェブサイトの脆弱性検査を実施するなど対策強化を呼びかけている。

今後同機構では、「クロスサイトスクリプティング」や「OSコマンドインジェクション」など、「SQLインジェクション」以外の脆弱性についても、順次対応していく予定。

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
「サイボウズGaroon」にSQLインジェクションの脆弱性
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及