Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメの不正投稿防止目的のデータを誤って公開 - バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、毎日放送で放映されているテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の動画を放映前に業務委託先が誤ってインターネット上で公開したと発表した。

同社が業務を委託しているソリッド・エクスチェンジが、不正投稿を防止するため作業を実施した際、操作を誤って検証用に切り出した画像を4月15日17時ごろに動画投稿サイト「YouTube」上へ一時アップロードしてしまったもの。検証用データは、4月20日に放映を予定している第3話の一部だった。

バンダイチャンネルでは、視聴者へ心配をかけたとしてウェブサイト上で謝罪。第3話を当初の予定どおり4月20日に放送する予定だという。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求
町内会や同窓会など名簿作成時の注意点は? 政府が紹介動画
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
クレカのセキュリティを動画で啓発 - コロッケさんら出演