Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメの不正投稿防止目的のデータを誤って公開 - バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、毎日放送で放映されているテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の動画を放映前に業務委託先が誤ってインターネット上で公開したと発表した。

同社が業務を委託しているソリッド・エクスチェンジが、不正投稿を防止するため作業を実施した際、操作を誤って検証用に切り出した画像を4月15日17時ごろに動画投稿サイト「YouTube」上へ一時アップロードしてしまったもの。検証用データは、4月20日に放映を予定している第3話の一部だった。

バンダイチャンネルでは、視聴者へ心配をかけたとしてウェブサイト上で謝罪。第3話を当初の予定どおり4月20日に放送する予定だという。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
カスペ、落語でセキュリティを啓発 - 動画を公開
小学生に個人情報教育の出前授業 - 個人情報保護委
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院