Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメの不正投稿防止目的のデータを誤って公開 - バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、毎日放送で放映されているテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の動画を放映前に業務委託先が誤ってインターネット上で公開したと発表した。

同社が業務を委託しているソリッド・エクスチェンジが、不正投稿を防止するため作業を実施した際、操作を誤って検証用に切り出した画像を4月15日17時ごろに動画投稿サイト「YouTube」上へ一時アップロードしてしまったもの。検証用データは、4月20日に放映を予定している第3話の一部だった。

バンダイチャンネルでは、視聴者へ心配をかけたとしてウェブサイト上で謝罪。第3話を当初の予定どおり4月20日に放送する予定だという。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
Windowsの「タスクスケジューラ」にあらたな脆弱性 - 修正方法は不明
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「おまえのパスワードはこれだ」と脅すメール - 仮想通貨を要求
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
偽「Abema TV」に注意 - 個人情報詐取や出演依頼偽装した脅迫など発生
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起