Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリの暗号化など実現する「USB安全活用マスター」 - フロントライン

フロントラインは、USBメモリやUSB外付けハードディスクによるデータの持ち運びを安全に行うためのセキュリティ製品「USB安全活用マスター」など3製品を、5月16日より発売する。

「USB安全活用マスター」は、USB接続のメモリやハードディスクによるデータの持ち運びを安全に行うセキュリティ対策ソフト。「USB暗号化マスター 4」「USBデータキャリーマスター」「USBバックアップマスター」の3製品で構成されている。価格は1ライセンス込みのパッケージ版が3990円。ダウンロード版が2940円。

「USB暗号化マスター 4」は、USBメモリやハードディスク全体を暗号化するソフトウェア。「USBデータキャリーマスター」では、利用しているPCの環境の持ち出しを実現し、メールの設定やデータ、IEの設定、マイドキュメントなどをコピーして持ち運ぶことができる。

「USBバックアップマスター」は、メモリやハードディスク内のデータのバックアップおよび同期を行うソフト。暗号化とパスワードによるデータ保護のほか、消去機能も搭載している。

「USB暗号化マスター 4」および「USBデータキャリーマスター」は、単体でも提供する。価格はいずれも、1ライセンス込みのパッケージ版で2940円。ダウンロード版が1995円。

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始