Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化データを復号せず利用できる「永続暗号SDK」 - C4T

シーフォーテクノロジーは、復号せずそのまま編集可能な暗号化ファイルを生成できる「永続暗号SDK」を発売した。

同ソフトは、有効期限や操作権限を設定することが可能な暗号化ソフトのSDK。パッケージ製品やソリューションへ機能を組み込むことができる。

同ソフトを利用して暗号化されたファイルは、復号することなく利用できるため、つねに暗号化した状態で保存しておくことが可能。復号時におけるデータの漏洩を防止することができる。

ファイルの有効期限や利用者認証機能を設定することも可能。さらに閲覧、印刷、編集、保存などファイルの操作権限を指定でき、異なるファイルへのコピーや画面キャプチャによる情報流出も防止する。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加