Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

闇市場では100Mバイトの個人情報入りデータが1万円 - G DATAが報告

ブラックマーケットにおいて、大容量の個人情報入りデータが安価に取引されていることが、G DATA Softwareのレポートで判明した。新しい手口も増えており、もはやフィッシング詐欺も古典的な手法だと報告している。

同社によれば、データの窃盗や販売、不正使用による被害額は、年間で1500億円程度に達しており、整理されていないデータであれば、メールアドレスはもちろん、ネット決済やオンラインバンキングの情報を含んでいても、数100Mバイトのデータが1万円前後で取引されているという。

またフィッシング詐欺メールは、すでに手口が広く知られたことで、古典的な手法となりつつあると指摘。最近では、個人情報を盗み出した後に消滅する「使い捨て型」のトロイの木馬をはじめ、ウェブサイトの表示内容を利用者に気が付かれないよう改変し、フォームの入力データなどを詐取する「Bancos」の亜種や「Neurech」などが多く利用されている。

同社では、DNSサーバの書き換えや、マルウェアによる誘導など利用し、偽サイトへ誘引する手法では、専門家であっても本物と偽物の見分けが難しいケースもあるとし、より巧妙化しているこうした攻撃に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か