Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

闇市場では100Mバイトの個人情報入りデータが1万円 - G DATAが報告

ブラックマーケットにおいて、大容量の個人情報入りデータが安価に取引されていることが、G DATA Softwareのレポートで判明した。新しい手口も増えており、もはやフィッシング詐欺も古典的な手法だと報告している。

同社によれば、データの窃盗や販売、不正使用による被害額は、年間で1500億円程度に達しており、整理されていないデータであれば、メールアドレスはもちろん、ネット決済やオンラインバンキングの情報を含んでいても、数100Mバイトのデータが1万円前後で取引されているという。

またフィッシング詐欺メールは、すでに手口が広く知られたことで、古典的な手法となりつつあると指摘。最近では、個人情報を盗み出した後に消滅する「使い捨て型」のトロイの木馬をはじめ、ウェブサイトの表示内容を利用者に気が付かれないよう改変し、フォームの入力データなどを詐取する「Bancos」の亜種や「Neurech」などが多く利用されている。

同社では、DNSサーバの書き換えや、マルウェアによる誘導など利用し、偽サイトへ誘引する手法では、専門家であっても本物と偽物の見分けが難しいケースもあるとし、より巧妙化しているこうした攻撃に対して注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多