Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度はIPAの「なりすましメール」 - Adobe Readerの脆弱性を攻撃

情報処理推進機構(IPA)は、同機構を偽装した「なりすましメール」が 出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは、「セキュリティ調査報告」というタイトルで送信されているもので、送信元のメールアドレスも同機構を偽装。メールの本文には、同機構が公開している情報セキュリティに関する注意喚起や調査報告書などを記載しており、「調査報告書」という不正なPDFファイルが添付されている。

添付ファイルは、Adobe Readerの脆弱性を攻撃するウイルスで、誤って開くとパソコンに感染する可能性が高いという。今回と異なる手口の攻撃が発生することも予測され、同機構では今回のケースを含めて注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取