Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度はIPAの「なりすましメール」 - Adobe Readerの脆弱性を攻撃

情報処理推進機構(IPA)は、同機構を偽装した「なりすましメール」が 出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは、「セキュリティ調査報告」というタイトルで送信されているもので、送信元のメールアドレスも同機構を偽装。メールの本文には、同機構が公開している情報セキュリティに関する注意喚起や調査報告書などを記載しており、「調査報告書」という不正なPDFファイルが添付されている。

添付ファイルは、Adobe Readerの脆弱性を攻撃するウイルスで、誤って開くとパソコンに感染する可能性が高いという。今回と異なる手口の攻撃が発生することも予測され、同機構では今回のケースを含めて注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
アドビ装い「支払い確認できない」とだますメールに注意