Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度はIPAの「なりすましメール」 - Adobe Readerの脆弱性を攻撃

情報処理推進機構(IPA)は、同機構を偽装した「なりすましメール」が 出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは、「セキュリティ調査報告」というタイトルで送信されているもので、送信元のメールアドレスも同機構を偽装。メールの本文には、同機構が公開している情報セキュリティに関する注意喚起や調査報告書などを記載しており、「調査報告書」という不正なPDFファイルが添付されている。

添付ファイルは、Adobe Readerの脆弱性を攻撃するウイルスで、誤って開くとパソコンに感染する可能性が高いという。今回と異なる手口の攻撃が発生することも予測され、同機構では今回のケースを含めて注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口