Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度はIPAの「なりすましメール」 - Adobe Readerの脆弱性を攻撃

情報処理推進機構(IPA)は、同機構を偽装した「なりすましメール」が 出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは、「セキュリティ調査報告」というタイトルで送信されているもので、送信元のメールアドレスも同機構を偽装。メールの本文には、同機構が公開している情報セキュリティに関する注意喚起や調査報告書などを記載しており、「調査報告書」という不正なPDFファイルが添付されている。

添付ファイルは、Adobe Readerの脆弱性を攻撃するウイルスで、誤って開くとパソコンに感染する可能性が高いという。今回と異なる手口の攻撃が発生することも予測され、同機構では今回のケースを含めて注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット