Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病名や検査結果など1万7000件の個人情報を盗まれる - 日医大病院

日本医科大学付属病院において、4月8日に患者の個人情報を記録したパソコンが院内より盗まれたことがわかった。

所在がわからなくなっているのは、同院が診療した患者の氏名やID、病名、検査結果など個人情報約1万7000件を記録したデスクトップ型パソコン。午前10時から午後4時までの診察時間中に、何者かに盗まれたと見られている。探索したが発見できておらず、同院では警察へ被害を届けた。

今後同院では、事故の詳細についてウェブサイトで明らかにしていく方針だという。

(Security NEXT - 2008/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院