Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府装い、日本企業を攻撃するウイルスメール - Symantecが警告

日本政府を偽装したスパムメールが発生しているとして、Symantecが注意を呼びかけている。

同社が複数の顧客から報告を受けたもので、日本政府を装ったスパムは、日本企業を狙ったものと見られ、添付されたzipファイルを開かせようとするという。問題のzipファイルには、実在するか不明である関係者リストのExcelファイルと、トロイの木馬「Backdoor.Darkmoon」の亜種が実行ファイルとして含まれている。

ファイルを開き、誤って感染した場合は、外部の攻撃者へ情報が漏洩したり、バックドアを設置されるなど被害を受けるため、同社では、不審な添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡