Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府装い、日本企業を攻撃するウイルスメール - Symantecが警告

日本政府を偽装したスパムメールが発生しているとして、Symantecが注意を呼びかけている。

同社が複数の顧客から報告を受けたもので、日本政府を装ったスパムは、日本企業を狙ったものと見られ、添付されたzipファイルを開かせようとするという。問題のzipファイルには、実在するか不明である関係者リストのExcelファイルと、トロイの木馬「Backdoor.Darkmoon」の亜種が実行ファイルとして含まれている。

ファイルを開き、誤って感染した場合は、外部の攻撃者へ情報が漏洩したり、バックドアを設置されるなど被害を受けるため、同社では、不審な添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中