Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1度にA4コピー用紙12枚を細断する小型シュレッダー - サンワサプライ

サンワサプライは、同時に10枚以上の紙を処理できる小型シュレッダー2機種「PSD-29」「PSD-30」を発売した。

両製品は、クロスカット方式を採用した電動シュレッダー。投入口に紙を差し込むと自動的に細断し、処理が終了する「オートスタート/ストップモード機能」を搭載。処理が停止した際の逆回転機能やオートカットオフ機能を装備している。

「PSD-29」は、A4コピー用紙を同時に10枚、「PSD-30」は12枚の細断が可能。いずれも連続使用時間は2分間で、マルチタイプのため、DVDやCD、クレジットカードの処理にも対応する。価格は「PSD-29」が1万8690円、「PSD-30」が2万790円。

080415ss.jpg
12を同時に細断する「PSD-30」

(Security NEXT - 2008/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アイリスオーヤマ、幅2ミリのシュレッダー - 家庭やオフィス向けに
東芝テックら、マスク機能を備えた電子レシートの実証実験を開始
NRI、重要書類を電子化から保管まで支援するサービス
専用保管用ファイルなどセットにしたマイナンバーの一括管理キット
不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術
「ほこ×たて」勝利のサカエ、裁断面積2.5ミリの新シュレッダー
リコー、個人番号の収集を行う複合機用アプリを無償提供
大塚商会、中小企業向けに「らくらくマイナンバー対応システム」
開封がひと目でわかる封印テープ - サンワサプライ
富士通BSC、MDMサービスにコンテンツ管理を追加