Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1512人分の個人情報を保存したパソコンを紛失 - STV

札幌テレビ放送が、個人情報が保存されているパソコンを紛失したことがわかった。

所在がわからなくなっているパソコンには、アルバイトの応募者353人分や番組の出演依頼者966人分、チケット申込者193人分など、あわせて1512人分の個人情報が保存されていた。氏名や住所、メールアドレスなど個人情報が含まれる。また流出した個人情報のうち4人分については、クレジットカード情報が記録されていた。

同社では、施設内で什器や備品の移動作業を3月中旬より行っていたが、作業が終了した3月末、パソコンがなくなっていることに気が付いたという。同社では関係者に対して謝罪した。同社では情報管理の強化など再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
会員の個人情報含むPCが盗難被害 - 筑西遊湯館
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
復興マラソン関係者の個人情報含むPCが所在不明 - 仙台放送
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大