Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフト間の連携に問題 - 北國銀のメルアド流出事故

北國銀行が、4月1日にネットバンキングサービスの利用者向けに送信したメールにおいて、BCCを利用したにもかかわらず、一部利用者のメールアドレスが流出した問題で、事故原因の詳細が判明した。

事故の原因は、同行が独自に利用しているメールクライアントとメールセキュリティ管理ソフトとの連携に問題があり、BCCの送信先メールアドレスとして入力できる文字数の制限を超えて送信したために発生したという。

同行では、ソフト販売会社に確認を取った際、BCCのアドレスに8万文字まで入力できると説明を受けていたが、実際に対応できる文字数は4095文字で、400人分のメールアドレスを記載して送信した際、許容量を超えた232人分のメールアドレスが本文に掲載された。

問題発覚当初、NECソフトのメールセキュリティ管理ソフトに不具合があるとされていたが、ソフトそのものに不具合はなかった。同行では、ソフトの改修を実施するほか、より実務に近いかたちでテストを実施するなど、検証を強化し、再発を防止する。

北國銀行
http://www.hokkokubank.co.jp/

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド