Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Panda Security製品の定義ファイルに一時不具合 - Vista環境で誤検知

Panda Securityの一部製品へ提供されたパターンファイルに問題があり、「Windows Vista」で正常に動作しない不具合が発生した。

日本法人であるPS Japanによれば、4月8日0時から3時半ごろにかけて「Panda Antivirus 2008」「Panda Antivirus+Firewall 2008」「Panda Internet Security 2008」へ提供したパターンファイルに不具合があったという。

問題のパターンファイルを適用した場合、Windowsが使用するファイル「wininet.dll」を、ウイルス「W32/NuwarSO.worm」として誤検知して削除するため、プログラムを起動できなくなる。不具合が発生するのは、「Windows Vista」の環境に限られ、そのほかのOSやWindows Vistaへサービスパックを適用している場合は影響はない。

同社では、問題を修正したパターンファイルを提供しているが、すでに問題のパターンファイルを適用している場合は、手動で修復する必要があるため、ウェブサイト上で復旧の手順を案内している。

PS Japan
http://www.pandasoftware.jp/

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETの定義ファイルに不具合、誤検知でサイト接続できず - すでに修正済み
ノートンやエンドポイント製品の一部定義ファイルに不具合 - シマンテック
一部製品にMS月例パッチ適用でライセンス無効化される問題 - カスペルスキー
カスペルスキーの対策製品で定義ファイル更新表示に一時不具合
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
ウイルス対策製品の一部定義ファイルに不具合 - マカフィー
カスペルスキー、一部広告URLを誤検出 - すでに解消済み
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消