Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納税者の取引先情報4300件を署内で紛失 - 萩税務署

広島国税局萩税務署において、法人納税者の取引先情報を保存したCD-ROMが所在不明となっている。

所在がわからなくなっているのは、同署管内にある法人納税者の取引資料を記録したしたCD-ROM。山口県内の同法人取引先約4300件の情報が保存されており、氏名や住所、取引金額など含まれる。

同署では、CD-ROMを1月21日に同法人より収集したが、3月28日に紛失していることに気が付いたという。今回の事故を受け、同署では同法人に対し事情の説明や謝罪を行った。今後は記録メディアの管理の再度徹底し、再発の防止に取り組む。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ
顧客情報入りCD-ROMの誤送付を公表 - イオン銀
非公開処理のミスでパブコメ提出者の個人情報が漏洩 - 文科省
中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
受講者情報入りCDを誤って委託事業者に配布 - 三重県
約6000件の「児童医療費台帳データ」が所在不明に - 上三川町
弁護士の要請で提供した顧客情報、提供先が紛失 - ミサワホーム東京