Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住基ネットの操作者用ICカードを委託先が一時紛失 - 三重県

三重県において、住民基本台帳ネットワークシステムの操作者用ICカードを、委託先が一時紛失する事故が発生した。

同県が、システムの運用管理を委託しているNECのシステムエンジニアがに紛失したもの。同県では同社より報告を受けてカードを失効させたという。紛失したカードを利用した不正アクセスはなかった。

同県では引き続き探索するよう指示していたが、その後同システムエンジニアの自家用車から見つかり、回収されたという。同県では、NECに対して厳重注意を行い、今後は施錠管理を実施するなど、ICカードの管理の徹底を図る。

(Security NEXT - 2008/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県
宴会の予約台帳が所在不明に - 居酒屋チェーン
顧客情報記載の書類が所在不明に - 日商ガス販売
「古物取引承諾書」を保管期限前に誤廃棄 - ブックオフ
顧客情報含む書類を店舗改装中に紛失 - レデイ薬局
採寸サイズなど含む顧客台帳2冊が盗難 - トリンプ
職員が住基システムで個人情報を業務外閲覧 - 大阪市
学会配布の麻酔台帳ソフトに患者情報が混入 - バグ修正時のデータが残存