Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県HP上で本人の承諾受けずに一部個人情報を公開 - 愛知県

愛知県が、県のウェブサイト上にユースワーカーの登録情報を掲載する際、一部誤って本人の承諾のないまま個人情報を掲載していたことがわかった。

今回の事故は、同県サイトの社会活動推進課ページに掲載していたユースワーカー登録情報の更新を行う際に発生したもので、青少年育成支援活動を行う地域のユースワーカー38人について本人が希望しない個人情報を公開したもの。

38人について住所について市町村名のみの公開で了承を得ていたが、地番まで誤って掲載したほか、年齢やメールアドレス、携帯電話番号についても、公表を望まないにもかかわらず掲載されたケースがあった。さらに、ユースワーカー登録の意思確認中だった3人の氏名、住所、性別も含まれるという。

職員が登録情報の更新作業を行った3月31日より公開されていたが、4月7日に誤りに気付いて削除した。原因はデータ作成時のミスと、チェック体制の不備だという。同県では、関連する登録者に対し文書と電話で謝罪している。

(Security NEXT - 2008/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
調査事業で企業回答内容をサイト上で誤公開 - 経産省
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専