Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリで感染するワームの生成ファイルがトップ - マカフィーランキング

マカフィーは、2008年3月に同社が検知したウイルスや不審なプログラムなど、ネットワーク脅威の状況についてとりまとめた。

同社によれば、USBメモリなど外部メディア経由で拡大するワーム「W32/Autorun.worm」が生成するオートランファイル「Generic!atr」が先月に続き目立っており、検知した企業数、およびマシン数でいずれもトップだった。

ただしファイル数では、「W32/Fujacks!htm」が2位以下を大きく引き離し、先月に引き続き首位。また、スパムにより拡散しているトロイの木馬「Spy-Agent.bv.dldr」が、検知した企業数、マシン数、いずれも上位に入っている。

一方、不審なプログラム(PUP)の状況についてはほとんど変化なかった。無料で配布されているツールなどウェブサイト経由で感染することが多いとして注意を呼びかけている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

トロイの木馬

1位:Generic!atr
2位:Generic.dx
3位:Spy-Agent.bv.dldr
4位:VBS/Psyme
5位:PWS-LegMir.gen.k.dll
6位:X97M/Laroux.a.gen
7位:Exploit-MS06-014
8位:Exploit-ByteVerify
9位:PWS-LegMir.gen.k.dll
10位:Downloader.gen.a

不審なプログラム

1位:Generic PUP.g
2位:Exploit-MIME.gen.c
3位:Adware-GAIN
4位:RemAdm-TightVNC
5位:Winfixer
6位:Adware-Baidu
7位:Generic PUP.e
8位:Adware-RewardNet
9位:Adware-GAIN.lnk
10位:Adware-SaveNow

(Security NEXT - 2008/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に