Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既存ネットワークに導入が容易な小規模企業向けスパム対策アプライアンス

キヤノンITソリューションズは、小規模事業者向けのスパムメール対策アプライアンス「SpamChecker」を、4月14日より発売する。

同製品は、豪NetBox Blueが開発したPOP型スパム対策アプライアンス。トランスペアレントモードで動作するため、社内にメールサーバを構築する必要がなく、既存のネットワーク機器を設定変更することなく導入が可能。

スパム検知機能は、URLブラックリスト検査、件名検査、イメージスパム検査、不正画像検査の4種類を搭載した。製品自体の設定も、ブラウザからウィザードにより可能。SOHOや小規模企業向けに設計されており、100ユーザーまで対応する。

(Security NEXT - 2008/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開