Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん原因は「SQLインジェクション攻撃」 - クリエイティブメディア

クリエイティブメディアは、外部より不正アクセスを受け、一時ウェブサイトが改ざんされた問題で、攻撃内容や感染のおそれがあったウイルスなど、詳細について明らかにした。

同社が受けた攻撃は、ウェブアプリの脆弱性を狙った「SQLインジェクション」によるもので、3月29日17時22分に改ざんが行われ、同日23時30から翌30日0時50分にかけてウェブサイトを閉鎖した。

埋め込まれたウイルスは、外部ウェブサイトより「JS_DLOADER.TZE」をダウンロードする「JS_AGENT.OEZ」。「JS_DLOADER.TZE」に感染した場合、さらに不正サイトへアクセスしたり、不正なプログラムがダウンロードされるおそれがある。同社では、改ざんされていた時間に同社ウェブサイトへアクセスした利用者に対し、ウイルスのスキャンなど実施するよう呼びかけている。

同社では、問題箇所を修正し、すでにウェブサイトを再開しているが、再発防止策など実施するため、さらに詳細について調査を進めている。また同社が運営するオンラインショップ「クリエイティブストア」の顧客情報や購入履歴などへのアクセスはなかったと説明している。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
フォトブログ「Pixelpost」に複数脆弱性 - すでに開発は終了、利用中止を
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース