Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん原因は「SQLインジェクション攻撃」 - クリエイティブメディア

クリエイティブメディアは、外部より不正アクセスを受け、一時ウェブサイトが改ざんされた問題で、攻撃内容や感染のおそれがあったウイルスなど、詳細について明らかにした。

同社が受けた攻撃は、ウェブアプリの脆弱性を狙った「SQLインジェクション」によるもので、3月29日17時22分に改ざんが行われ、同日23時30から翌30日0時50分にかけてウェブサイトを閉鎖した。

埋め込まれたウイルスは、外部ウェブサイトより「JS_DLOADER.TZE」をダウンロードする「JS_AGENT.OEZ」。「JS_DLOADER.TZE」に感染した場合、さらに不正サイトへアクセスしたり、不正なプログラムがダウンロードされるおそれがある。同社では、改ざんされていた時間に同社ウェブサイトへアクセスした利用者に対し、ウイルスのスキャンなど実施するよう呼びかけている。

同社では、問題箇所を修正し、すでにウェブサイトを再開しているが、再発防止策など実施するため、さらに詳細について調査を進めている。また同社が運営するオンラインショップ「クリエイティブストア」の顧客情報や購入履歴などへのアクセスはなかったと説明している。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
「サイボウズGaroon」にSQLインジェクションの脆弱性
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始