Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関連会社への支援ノウハウ活かしたJ-SOX法対策メニュー - MBSD

三井物産セキュアディレクションは、内部統制支援サービスを拡充し、IT統制の不備改善を支援する新メニュー「ITC-Express」を追加した。

同サービスは、同社が、関係会社のIT統制における不備について改善支援してきたノウハウを活かしたサービスで、監査法人から指摘の多い不備項目に対して改善策を提供するもの。不備の分析や課題の抽出といった計画面から実務面までサポートする。

計画フェーズにおけるサービスとしては、不備の確認や現状調査、分析、課題の抽出と改善の検討を実施する「改善計画策定サービス」を用意。

さらに実施フェーズとして、J-SOX監査用の「ログレポート作成支援サービス」や開発や外部委託先管理の不備を改善する「ITSMプロセス導入支援サービス」の提供をはじめ、「IT戦略策定支援サービス」「IT統制規程整備支援サービス」など4メニューを用意した。

さらに今後は、IDやパスワード改善支援サービスなど、サービスメニューの拡充を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本ウェアバレー、データベースの不正アクセス対策製品を発売
G Data、法人向けセキュリティ対策ソフトの新版を発売
ディアイティ、不正なローカルアカウントを洗い出す新サービス
【書籍】クラウドを法的側面から解説した「クラウド・コンピューティングの法律」
G Data、企業向けセキュリティソフトの最新版を発売 - アプリ制御備えた新製品を投入
特権ID管理システムを短期間で導入できるパッケージ - NTTソフト
兼松エレとデル、統合ログ管理ソリューションを提供開始
エージェントレスで特権ユーザーの一時パスワードを発行できる認証製品 - 日本CA
センドメール製品のログ管理を実現する「Logstorage for Sendmail」
セキュアヴェイルとアイベクス、特権IDの操作ログ記録で連携ソリューション