Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市販ウイルス対策ソフトで検知できないボットが大幅増加 - CCC

市販ウイルス対策ソフトで検知できないボットの種類が、2月に大きく増加したことがわかった。総務省と経済産業省が中心となってボット対策を推進するサイバークリーンセンターの調査により判明したもの。

同センターが、おとりとなるハニーポットを利用し、収集した2月のボット収集総数は57万9873件。前月より約1万件の増加となった。重複を除く「同定検体数」は、2万627件で前回から4000件上回った。

ウイルス対策ソフトで検知できない未知の検体は、823件と前月の363件から大幅に増加。ただし、収集総数における割合については、前回調査で検出不可となる検体の比率が43%と高かったが、検知率がアップしたことなどにより今月は16%と落ち着いているという。

さらに同センターにおいて無料で配布されている駆除ツールでは、445種類のボットへあらたに対応し、前回実績の336件を上回った。同ソフトは、ウェブサイト上から無料で手に入れることが可能で、すでに7万6748回ダウンロードされている。

また同センターでは、ボットへ感染している8704人に対してメール2万583件を発信。新規に送信したのは4101人で、半数以上は複数回にわたりメールを送信しているという。

(Security NEXT - 2008/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも