Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

准教授がベルギーで窃盗団に学生の個人情報盗まれる - 広島大

広島大学の準教授が、出張先であるベルギーで学生の個人情報を紛失したことがわかった。

広島大学留学生センターの准教授が、3月15日に出張していたベルギーで、電車で移動する際に数人の窃盗団により、学生の個人情報が記録されたノートパソコンを鞄ごと盗まれたもの。盗まれたパソコンは同大の備品で、留学生480人分を含む749分の個人情報が保存されていた。

保存されていた情報は、氏名や成績や学籍情報のほか、一部には電話番号、メールアドレス、本国の情報、パスポート番号なども含まれる。パソコンには、起動時のパスワードが設定されているものの、暗号化は実施されていなかった。

同大では、関連する学生に対し、事情を説明し謝罪する文書を送付したが、不正使用などは報告されていないという。また今回の事故を受け、准教授に訓告、上司に対して文書による厳重注意の処分を行った。

(Security NEXT - 2008/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院