Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北京五輪便乗ウイルスやUEBメモリ経由の感染に注意 - トレンドマイクロレポート

トレンドマイクロは、3月のウイルス感染被害報告を取りまとめた。USBメモリ経由で感染を広げるウイルスが依然としてまん延する一方、北京オリンピック関連のファイルを偽装したウイルスも増加を見せている。

同社によれば、3月の被害報告数は4029件で、大幅な増加を見せた2月の4316件からは減少した。しかし、USBメモリのオートラン機能を悪用して感染を広げるウイルスの動きが目立っており、「MAL_OTORUN1」は先月の被害報告から倍増。また「WORM_AUTORUN」が依然としてトップ10にランクインするなど予断を許さない状況だ。

また3月には、Excelの脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が確認された。北京オリンピックのスケジュール表などを装ってユーザーの興味を引き、ファイルを開かせるソーシャルエンジニアリング的手法によるもので、「OLYMPIC.XLS」や「SCHEDULE.XLS」といったファイルがメールの添付ファイルなどで流通している。

1月にも北京オリンピック関連の情報を偽装した不正なWordファイルが発生しており、今後もオリンピックに便乗した攻撃の発生が予想されている。文書ファイルなどは、実行形式のファイルより警戒心が緩みやすいこともあり、同社では同様の攻撃に対して注意を呼びかけている。

3月に同社が発表したウイルス被害報告のトップ10は以下のとおり。

1位:MAL_OTORUN1
2位:BKDR_AGENT
3位:JS_IFRAME
4位:TROJ_WANTVI
5位:WORM_HUPIGON
6位:TROJ_VUNDO
7位:TROJ_VB
8位:WORM_AUTORUN
8位:TROJ_DELF
8位:JAVA_BYTEVER
8位:TSPY_ONLINEG
8位:JS_PSYME
8位:VBS_PICA

(Security NEXT - 2008/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に