Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北國銀行でネットバンク利用者のメルアドが流出 - 事故原因で食い違い

北國銀行は、一部ネットバンキング利用者のメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、同行のインターネットバンキングサービス「ダイレクトチャネル」の利用者に対して送信した新サービス開始の案内メール。

4月1日に「BCC」を利用して400人へ送信したが、メールの本文に顧客232人のメールアドレスが表示された状態となった。アドレス以外の情報流出はなく、不正使用に関する報告も確認されていないが、同行では、メールを送信した400人全員に事情説明と謝罪を行い、不正利用などに対して注意を促している。

同行では、今回の事故原因について、NECソフト製メールソフトの不具合としているが、NECソフトでは、原因が特定できていないとして、不具合について認めていない。

メール送信には同メールソフト以外のプログラムも介在しており、同メールソフトが直接的な事故の原因ではなく、連携上の問題など他要因で発生した可能性もあるとして、NECソフトでは現在調査を進めているという。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社