Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約システムの障害で確認メールに顧客情報を誤記載 - ホテルチェーン運営会社

JTBグループでホテルチェーンを展開するサンルートは、顧客へ送信する確認メールの一部に、別の顧客の個人情報が記載された状態で送信されたことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のサイト「サンルートWEB」経由で3月25日以前に予約し、チェックイン日が4月4日だった顧客へ送信された予約確認メールの一部。

3月31日に顧客約130人へ送信した予約確認メールに、関係ない他顧客の氏名や連絡先が記載され、その後再送信したメールにも、同様の誤記載が発生したという。

原因は予約システムの障害で、同社では誤送信の対象となった顧客へ、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
予約顧客宛の自動送信メールが他顧客に誤送信 - チョイスホテルズジャパン
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構