Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約システムの障害で確認メールに顧客情報を誤記載 - ホテルチェーン運営会社

JTBグループでホテルチェーンを展開するサンルートは、顧客へ送信する確認メールの一部に、別の顧客の個人情報が記載された状態で送信されたことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のサイト「サンルートWEB」経由で3月25日以前に予約し、チェックイン日が4月4日だった顧客へ送信された予約確認メールの一部。

3月31日に顧客約130人へ送信した予約確認メールに、関係ない他顧客の氏名や連絡先が記載され、その後再送信したメールにも、同様の誤記載が発生したという。

原因は予約システムの障害で、同社では誤送信の対象となった顧客へ、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大