Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイントセキュリティ製品にNAC機能を統合 - ソフォス

ソフォスは、大規模ネットワーク向け統合セキュリティ製品の最新版「Endpoint Security and Control 8.0」を、4月15日より発売する。最新版では、あらたにNAC機能が統合された。

同製品は、ウイルスやスパイウェア対策、不正侵入防止、アプリケーション制限、ファイアウォールなどの機能を統合したセキュリティ製品。「Enterprise Console」からの集中管理機能や自動アップデート機能が搭載されている。

最新版ではあらたに、ネットワークアクセスコントロール機能を追加。企業ネットワークに接続されているクライアントPCやサーバについて、OSのアップデート状況やウイルス対策ソフトの導入状況を評価し、問題が見つかった場合には、ポリシーに沿って「自動修復」や「隔離」「ユーザーへの通知」「限定された情報のみアクセス許可」など対処する。

また、ネットワーク管理者が特定グループの管理者へ管理権限を委任する機能や、以前から導入されている他社のウイルス対策製品を一括してアンインストールする機能など、管理をサポートする機能を追加した。旧バージョンのユーザーは、追加料金なしでアップブレードできる。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続