Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

80世帯の情報含む名簿を統計調査員が紛失 - 神奈川県

神奈川県は、世帯情報80件分が記載された名簿の写しを、県の統計調査員が紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、標記調査のため統計調査員が作成、保管していた世帯名簿の写し4枚。80世帯における世帯主の氏名、住所、職業分類が記載されていた。

3月20日、同調査員が調査対象世帯を訪問して調査への協力依頼を行おうとしたところ、名簿が見あたらないことに気付いたが、調査活動に影響ないことから、捜索せず訪問活動を実施。その後自宅を探したものの見つからなかったため、3月31日に県へ事態を報告した。

3月16日に同名簿を調査へ利用しており、その後紛失したとみられている。同県では、対象となる世帯を直接訪問して、説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀