Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人ユーザーの3割はセキュリティ対策「出資ゼロ」 - NTTアド調査

セキュリティ対策の重要性に対する認識は高まっているものの、実施状況と大きなギャップが生まれていることがNTTアドの調査により判明した。

同社が3月はじめに、20代から40代までの首都圏に在住する個人ユーザーを対象に、インターネットセキュリティに関する調査をインターネット上で実施したもの。有効回答者数は309人。

調査結果によれば、インターネット上のセキュリティ対策について、「不審メールを開封しない」「不審メールへの返信や添付ファイルの開封、URLへのアクセスしない」「不審なソフトをダウンのロードしない」「ウイルス対策ソフトを利用する」などいずれも8割以上が認知していると回答した。

しかしながら、実際に8割以上が実行しているのは「不審メールを開封しない」「不審メールへの返信や添付ファイルの開封、URLへのアクセス」のみ。特にウイルス対策ソフトの利用に至っては、62.1%にとどまり、認知と実行に20ポイントの乖離が見られた。

「不審ソフトをダウンロードしない」ことについても、82.8%が認知しているにもかかわらず、実行しているのは65.7%。Winnyをはじめとする「ファイル共有ソフトを私用しない」ことについても74.4%が認知しているが、実行となると59.2%と大きく低下する。

過去1年の出資額の平均は3153円。しかしながら、ゼロとの回答も29.8%に上った。今後の出資についても25.2%がゼロと回答しており、平均価格も2740円と低下しており、財布のひもは堅い。

ウイルス被害にあったユーザーは52.4%。影響としては、「迷惑メールの標的になった」との回答が半数で、パソコンの不調が35.2%、不正な広告の表示が26.5%と続いた。

ウイルス感染により感じる「脅威」としてもパソコンの不調が79%でトップ。僅差で個人情報の詐取(78%)、データのネット流出(77.7%)、データの破壊(77.3%)が続いた。脅威を感じるものはないとした回答はわずか2.9%だという。

(Security NEXT - 2008/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可