Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ内のファイル情報収集も可能なログ管理ソフト - 「LogVillage2.0」

蒼天は、ログ管理ソリューションの最新版「LogVillage2.0 v2.1.0.0」を発売した。USBメモリ内にあるファイル情報の収集へ対応するなど、ファイル管理機能が強化されている。

同製品は、クライアントPCにソフトをインストールせず利用できるエージェントレス方式のログ管理ソフト。クライアントPCの操作や印刷、アプリケーションやデバイスの利用状況を収集し、不正操作を管理者へ通知できる。

稼働状況やソフトウェア資産の管理にくわえ、「ファイル管理機能」により、ファイル操作の記録にも対応しており、最新版ではUSBメモリ内のファイル情報についても収集可能となった。また、ブラックリストにより使用が禁止したフリーソフトやシェアウェアについては、起動させなくてもPC内から検知し、アラートを出すことができる。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品