Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

USBメモリ内のファイル情報収集も可能なログ管理ソフト - 「LogVillage2.0」

蒼天は、ログ管理ソリューションの最新版「LogVillage2.0 v2.1.0.0」を発売した。USBメモリ内にあるファイル情報の収集へ対応するなど、ファイル管理機能が強化されている。

同製品は、クライアントPCにソフトをインストールせず利用できるエージェントレス方式のログ管理ソフト。クライアントPCの操作や印刷、アプリケーションやデバイスの利用状況を収集し、不正操作を管理者へ通知できる。

稼働状況やソフトウェア資産の管理にくわえ、「ファイル管理機能」により、ファイル操作の記録にも対応しており、最新版ではUSBメモリ内のファイル情報についても収集可能となった。また、ブラックリストにより使用が禁止したフリーソフトやシェアウェアについては、起動させなくてもPC内から検知し、アラートを出すことができる。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開