Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bank of America」のフィッシング詐欺に新手口

フィッシング対策協議会は、電子証明書の発行を偽装した「Bank of America」をかたるフィッシング詐欺について警告を発していたが、新たな手口を確認したとして再度注意を呼びかけている。

今回確認されたフィッシングメールは3月29日に発信されており、ログインを失敗したことによりアカウントへのアクセスをブロックし、制限を解除するために本人確認を実施するとしてフィッシング詐欺サイトへアクセスを促すもの。

フィッシング詐欺サイトはすでに閉鎖されているが、国内企業のウェブサイト上に仕掛けられていたという。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か