Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員サイトでシステム障害、他会員情報が閲覧可能に - ダイワ精工

ダイワ精工は、会員サイト上で他会員の個人情報が一時閲覧できる状態になったことを明らかにした。

システムの不具合により、同社が運営するダイワヤングフィッシングクラブの会員情報が閲覧可能となったもの。3月26日11時過ぎに会員より関係ない別の会員情報が閲覧できるとの指摘を受けて判明。同社では、コンテンツの提供を一時停止した。

同社の調査によれば、システム障害で3月21日12時半過ぎから26日11時46分まで、氏名や電話番号など64人分の個人情報が閲覧されていたという。同社では原因を特定、26日17時過ぎに復旧している。

今回の事故により、外部へ流出したとの報告はないという。同社では関連する顧客へ事情説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電