Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

看護師宅が空き巣被害、患者情報盗まれる - 群馬県立小児医療センター

群馬県立小児医療センターは、同センター勤務の看護師宅で盗難が発生し、患者19人の診療情報など、個人情報を保存した外付けハードディスクが盗まれたと発表した。

被害に遭ったハードディスクには、患者19人の氏名、生年月日、病名、症状などが保存されていた。3月14日、看護師が外出中に何者かが窓ガラスを割って室内に侵入し、持ち出されたという。

同センターでは、患者の個人情報を外部へ持ち出すことについて禁止していたが、事件に巻き込まれた看護師は、学習目的で持ち帰っていたという。警察へ通報して被害届を提出した。同センターでは、患者の家族に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
従業員による患者情報の無断取得、通報あるも対応に問題 - バイエル薬品
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院