Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テナントが顧客情報含む名簿の一部を紛失 - 松屋

松屋銀座本店内のテナントにおいて、顧客情報336件が記載された顧客名簿が所在不明になっている。

所在がわからなくなっているのは、同社とテナントである「ミー・イッセイミヤケ」が管理する顧客名簿。顧客336人の氏名、住所、商品の購入金額などが記載されていた。3月20日にショップの従業員がダイレクトメール作成のため社内で名簿を利用し、その後保管場所に戻したが、翌21日に利用した6枚のうち4枚がなくなっていることに気が付いたという。

同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行った。また、紛失した情報の外部流出や不正利用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
委託先で顧客情報含む領収書を紛失 - 京葉ガス
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ